東淀川区、下新庄駅の歯医者 さきた歯科医院大阪

歯内治療/さきた歯科医院大阪
大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目2-19

歯内治療

歯根の病気とは?

歯根の病気とは?

虫歯が神経まで進行してしまった場合、神経を取り除く必要があります。そのほか虫歯などが原因で歯根の先に膿が溜まった時も、膿を取り除く治療が必要になります。これらの治療を途中で中止すると、歯根が腐ったり歯がボロボロになり最悪、歯を抜かねばなりません。


歯髄炎とは?

虫歯を放置すると、どんどん進行して歯髄(神経)に達し、それが原因で痛んだりしみたりします。
この状態を歯髄炎といいます。

歯髄炎の症状

  • ・何もしていなくても歯がひどく痛む
  • ・歯の根元がズキズキ痛む
  • ・口を閉じると歯が響くように痛む

歯髄炎の症状

歯髄炎の症状

抜髄の過程

抜髄の過程

※治療している歯への施術は、1週間に1〜2回ずつ行います。
痛みを感じなくなったからといって、治療を中止したり消毒間隔が伸びると根管内や根尖部に感染してしまい、歯を抜かねばならなくなります。